eAMUSEMENT TOP
REFLEC BEAT VOLZZA 2 稼動記念特集
D-crew a.k.a. Des-ROW×RoughSketch 新曲の制作秘話に迫る 2016.04.06

前半>>



BEMANIアーティスト・Des-ROWがライフワークとして位置づける、「Engraved Mark / Ryu☆∞Des-Row」「Erosion Mark / kors k REASM Des-ROW」につづく「Markシリーズ」。
REFLEC BEAT VOLZZA 2へ「Disable Mark / RoughSketch REVET D-crew」が収録され、ついに第3弾へ突入し、Des-ROWと彼の音楽から強い影響を受けたというRoughSketch氏とのコラボが実現。
制作期間は、2人合わせてなんと5日間。果たしてこの短い期間で、どのようにこの楽曲が生まれ、出来上がったのか…。
これまでの2人の関係や、制作秘話を語っていただきました。



自分の音楽を始めるきっかけになった曲が、D-crewさんの「disable dA STACK」だったんです
Des-ROW 「今回は、二つ返事でお話を受けてくださいまして、ありがとうございます!RoughSketchさん(以下ラフちゃん)がすっごい好きだったと言ってくれたお久のD-crew名義でやらせて頂きました。ラフちゃんの出す音とは裏腹な、音楽に対する真面目で真摯な姿勢を見て感動!オレもたまには真面目に出オチ無しで行きたいと思います!そう、何よりこの曲をどんな思いで、どういう風に作ったか、知ってもらいたいと思ってます!
それではD-crewへチェンジ!」


D-crew「ご存じの方もいるかもしれませんが、ここ数年、ぼくが大好きなアーティストと一緒に曲を作り、曲名に「Mark」という印を入れるコラボをライフワーク的にやっているんです。今回その「Markシリーズ」で、スーパーでクールな低音が最高にごきげんなラフちゃんとぜひ曲を作ってみたいと思いまして、コラボレーションが実現しました。そんなこんなで、ほんとに胸を打たれるような名曲が出来上がって、感動しております」

RoughSketch(以下、R)「いえこちらこそ、ありがとうございました。タイトルに「Mark」が入るということを伺いまして、ほんとなんかもう夢のような企画だったので、まさかこんな事になるとは思ってなくて、とても嬉しかったです」

D-crew「こちらこそ、ほんとに光栄です!ラフちゃんのことはバスドラが尖った音でカッコよく、低音もカッコいい!すっごいロッテルダムサウンドって印象を持っていて、一昨年の夏のイベントで初めて挨拶をさせてもらったと記憶してます」

R「そうですね、あの時に初めてお会いさせて頂きました」

D-crew「実は会って話をしたのが、あの時を合わせて2回くらいしかなくて、2回目がラフちゃんとDJ TOTTOと3人での飲み会です。そこでいろんな曲の話をしてる内に、ちょっと一緒にやりたくなった!!その流れで、あれやこれやアイディアを出したりして構想を練りましたね。その後、完成まで超時間がないにもかかわらず、密度の濃い時間の中、一瞬で全てが決まっていって、なんか運命的なモノを感じました。どうもありがとうございました!」

R「ほんと、あの飲み会ですごくいろいろなお話ができて楽しかったです。僕、あの日の後、2日酔いになっちゃって…(笑)楽しすぎて完全に飲み過ぎました!」

D-crew「ラフちゃんがぼくのことを昔からよく知ってるとか、過去にぼくが作った曲の話とか、自分でも覚えてないようなことを、まさか〜「ウソだろう?」とか思いながらいろいろと話をしていたら…、ぼくも飲み過ぎました(笑)」

R「ほんとに結構真面目な話、自分の音楽を始めるきっかけになった曲が、pop'n music 10に収録されていたD-crewさんの「disable dA STACK」だったんですよ。それをきっかけにGabba(※)って言う音楽があるんだというのを知って、インターネットで検索をかけ、D-crewって言うのは一体何者なんだろう?って調べてみたら、昔、beatmaniaに「disable」の名前が付く曲をもう1曲出している(Disabled the FLAW)ということが分かりまして。これは聴かないといけないな!となったんです。
当時、僕の地元のゲームセンターにはpop'n musicしか無かったんですよ。それでbeatmaniaに触れる機会が全然なくて…。で、車で2時間行ったところにある一番近くのbeatmaniaを置いているゲームセンターまで行ったくらいですからね」
※Gabba...音楽のジャンルのひとつ。

D-crew「なんと、2時間!?エライことですよ〜!それは」

参考音源:disable dA STACK(2003年8月)


参考音源:Disabled the FLAW(2001年9月)

R「でもですね…、pop'n music 10の頃には2時間飛ばして隣町のゲームセンターに行っても、もうbeatmaniaはIIDXに変わっていて…。「disable」シリーズの第1作を聴けなかったんです、ゲームセンターで。でも、CDショップに行ってみたらサウンドトラックの「beatmania THE BEST PROMINENT」が売っていたので買いました!」

D-crew「良かった!あれは、ぼくが作ったアルバムなんですよ!あのアルバム本当に愛情込めて作ったのを覚えてて、2重に嬉しいです」

R「今回コラボをさせて頂いたのは、当時の僕からしたらほんとにもう夢の様な話で…」

D-crew「光栄です!月日を重ねて、今回「Markシリーズ」のコラボでいろんな想いが実現することになったんですね」

R「いえ、こちらこそ光栄です!」



ラフちゃんなら、きっと進化させてスゲ〜くしてくれるに違いない!と


R「今回、「Markシリーズ」第3弾ですよね!」

D-crew「そうなんです!そんな流れもありつつ、今回の曲名は“disable”を付けるしかないということになり、名前が「Disable Mark」に決まりましたね!」

R「『disable』、嬉しいです!!」



D-crew「実は、最近ぼくが個人的に暗黒系のドロドロが多かったので、たまには綺麗な曲も作りたいな〜、とか思ってメロディーを頭にちょっと考えたりしてたんですが、「disable」と名前を付けるならやっぱまた綺麗な曲とか作ってる場合じゃねーぞ!?グチャドカでビンビンバスドラか〜とか思い直してたんです。
が…、待てよ今回はラフちゃんとの共作だ!「disable」シリーズらしからぬメロー泣きのラフ(※デモのトラック)を渡したらどうなるのか?ガバマスターのラフちゃんなら、きっと進化させてスゲ〜くしてくれるに違いない!と」

R「そうなんですか!?D-crewさんの泣きの曲も好きだったので、LOVE D RIVEとか。むしろどう料理してやるかと言う感じでした」

D-crew「おぉっ!」


参考音源:LOVE D RIVE(2002年7月)



出来るだけD-crew名義のサウンドを残したいと思いつつも、残しすぎるとこれは僕とコラボしなくても良くなっちゃうよなって


D-crew「これまでのMarkシリーズ同様、骨組みっていうか基礎になるベーストラックとメロディーをぼくが作って、そんで、ラフちゃんに仕上げをやってもらう、と言う感じでした。でも、まとまった時間がなかなか作れなくて、音源渡すよって言っていた約束の日から2日遅れで、ようやくベーストラックを渡すことになりました。遅くなりまして、すみませぬ〜」

R「そうですね、今回は元の曲を殆ど崩さずにやりました。まあテンポとかは上げましたけど」

D-crew「なんか気を使わせたのかな〜…ってぼくはちょっと心配になりました」

R「ははは…、そんなことないですよ(笑)」

D-crew「音がねー、全部カッコよく変わってたから〜、感激でした!」

R「音の部分は個性を出しつつ、せっかくRoughSketchの名前でやらせて頂くので。やっぱ、すごく悩んだところは、「disable」の名前で憧れの人とのコラボだから、出来るだけD-crew名義のサウンドを残したいと思いつつも、残しすぎるとこれは僕とコラボしなくても良くなっちゃうよなって」

D-crew「うんうん、確かに…」

R「そこでメロディーラインを残して、音色とか差し替えてRoughSketchとしての個性を出そう!というところで、色々やりましたね」

D-crew「そうそう、2日後渡したのが戻ってきた時、イントロを聴いてみるみる顔がニヤけてくるのが自分でも分かりました。なんせ、元の音はこうでしたから…。本来ならば、こんな初期段階のデモの音を出すのは恥ずかしいのですが、今回は特別に衝撃の変化を体感頂ければとおもいます。ぐへへです」

参考音源:Disable Mark(D-crewデモ 2016年3月某日)

参考音源:Disable Mark(RoughSketch再構築後 2016年3月某日)










アプリコメント

BACK NUMBER

カテゴリー別

インタビュー


BEMANIっ記