e-amusement TOP
MUSIC
I will be back -オレは帰ってきた-
ONLY ONE MOMENT/SUPER STAR 満-MITSURU-
Sound / SUPER STAR 満-MITSURU-
聞こえる、オレを呼ぶ声が。助けを求める声が。
地球に危機が訪れた時、オレはいつでも帰ってくる。
復活を遂げたオレを遮るものは何も無い。
しかし忘れないでほしい。この物語の主人公はキミ自身だと言う事を。

今、この瞬間、オンリーワン。
Movie / HES
2月末日
デザイン定例ミーティング開催。議題:SUPER STAR満 曲の映像について

デザイナーA「デモ曲が○日を予定していますので制作期間的にレイヤーアニメがギリギリかもです。」
デザイナーB「ムービーはちょっと...厳しいかなぁ」
デザイナーC「空を飛ぶ演出とかどうでしょう?」
デザイナーD「実写で今までなかったですし、おもしろそうですね!」
デザイナーABCD「ほかアイデア出し議論」
何とか演出無しは避けられそうですね。ではそんな感じでー

席へ戻る。
サウンドさん、プログラマさんから映像アイデアの提案。いろいろ聞いてみる。


サウンド「シナリオですけど△△な感じで〜」

プログラマ「△△だったら○○とか面白そうですよね」

HES「うんうん。面白そう(どんどん話が膨らんできてるけど大丈夫かな...ドキドキ)」

サウンド「そのアイデアいいですね!じゃあ更に□□みたいな感じとかー」

HES「□□はVFX的なところ必須ですねー(な、なんか規模が大きくなってきている...脇汗じょばー)」

サウンド&プログラマ「大体はこんな感じの映像でーよろしくお願いします〜」

HES「り、了解しましたぁぁぁ!(白目)」


といった綿密な打ち合わせを経て、レイヤーアニメ演出からムービーへ変更→大まかなあらすじで動画の絵コンテを用意。
全体像が見えたところで撮影やCGシーンの制作着手。
編集→悩む→WAVEに緊急速報シーンを作ってもらう→編集→デザイナー監修→編集→現実逃避→編集。


3月某日
なんとか完成。うひー!

シナリオ的に説明が足りない箇所や時間的にカットせざるを得ない演出があったりなど荒削りな作りではありますが、
やりたいことは詰め込んだ勢いはある?映像になったと思います。
タイトなスケジュールながらデータFIX日も調整頂けてなんとか無事納品完了(プログラマーさん、ありがとうございます。)
ご出演頂いたスタッフ様、撮影班の方々のご協力と演出アイデアがなければ形にできませんでした。

ありがとうございましたぁ!