eAMUSEMENT TOP
「私立ボルテ学園 アルティメットガクエンサイ!」ライブレポート&出演者インタビュー!
EDP×SOUND VOLTEX FLOOR ANTHEM 2017 私立ボルテ学園 アルティメットガクエンサイ!レポート 2017.11.11
──2017年11月11日、豊洲PITにて開催された「EDP×SOUND VOLTEX FLOOR ANTHEM 2017 私立ボルテ学園 アルティメットガクエンサイ!」。
ライブレポート、出演者インタビュー、果てはクレープまで…様々な視点からのレポートをお届けいたします。




会場編
本日の会場は天気も良く、絶好のライブ日和!


こちらは豚乙女さんのスタミナ丼! お肉が柔らかくてとっても美味しい♪


こちらはkors kさんのクレープ! クリームたっぷりで甘くてとっても美味しい♪
皆さんあのポーズはやりましたか!?


物販で取り扱っているCDがずらり!



ライブレポート 前半戦
第一曲目は、P*LightさんによるTRIGGER☆HAPPYでスタートです!
「学園祭ってやつは、楽しんだ奴が一番偉いんだ!」


Booths of Fightersでは、会場の息の合った手拍子からの「Keep the Chain!」会場中がコール!
モニターには例のあの地帯が……!


夏色DIARYはもちろんSDVXバージョン!


なんとconflictは会場中が歌っておりました!


ステージ上で座禅を組むShironさん!


HAELE III 〜Angel Worlds〜では、Ritsukaさんの美しい歌声が会場中に響き渡りました!


EDEN of TRUTHでは、かぼちゃさんが力強い歌声を披露してくれました!






インタビュー・ここなつ編
──ここで一旦会場を離れ、本番を控える皆さんにインタビューをして参りました!
出番直前!これからライブに臨む東雲夏陽役・日南結里さんと東雲心菜役・小澤亜李さんにインタビューです!



──今回のライブに向けて一番苦労したところを教えてください。

東雲心菜役・小澤亜李(以下、小澤)「ライブバージョン用に歌い分けを変えているので、普段歌わないところを歌うのがどきどきでした」

東雲夏陽役・日南結里(以下、日南)「今回、夏陽のソロ曲(さよならトリップ 〜夏陽 EDM edition〜)を二人で歌うのですが、それを心菜とどうやって歌うか、ライブに来てもらう人にどうやって楽しんでもらうかが苦労したところです」


──今回のライブで一番注目してほしいところを教えてください。

小澤「ここなつのステージである、というところに注目してほしいです。私たちはキャストという立場ではありますが、長年関わっていて気持ちがとても強いです。ここなつのステージがやっとできるということで、スタッフの愛が反映されていると思います」

日南「今までライブ開催を渋っていたわけではないんですよ(笑)。ですが、ここなつというキャラの設定は歌も踊りも完璧なので、完璧にやらないといけないというプレッシャーはありました。真面目に取り組まないといけないので、いつも以上に気を引き締めて臨みました。その成果が見所です!」


──今回の衣装についてコメントをお願いします。

日南「素材が中華っぽくて、生地も中華柄で、二人で素材の感じとかが違っています。このステージでだけ見られるプレミア感があります!」

小澤「トータルで素晴らしいですね! 可愛らしく、キャラクターにもばっちり合っています。ステージに映えますし、作って頂いてありがたいです」

日南「あとはすっごい動きやすくて、ダンスをするために考えて作られているんだな〜と感じました」

TOMOSUKE「ウスバカゲロウがテーマで、中華サイバーっぽい感じで、後ろのヒラヒラが特徴的です。ダンスをしたときにふわっとするように作られています」


──今日の夏陽について一言お願いします。

日南「ダンスと歌で夏陽というキャラクターを表現することの難しさを感じました。夏陽に近づけるように頑張りました!」

小澤「今日の夏陽は歌でリードしてくれる頼もしいお姉さん。『なっちゃんに……ついてく……』」


──今日の心菜について一言お願いします。

小澤「生でやるのがとても大変なキャラクターです。でも愛情たっぷりに、お客さんに心菜の愛らしさを伝えられるように頑張ります!」

日南「心菜は不思議ちゃんなキャラクターですが、小澤ちゃんもとても不思議ちゃんで、お弁当を食べている時に不思議ワールドでリラックスさせてくれました。とっても癒される妹で、普段から癒されています」


──最後に、ファンに向けて一言お願いします。

TOMOSUKE「皆さんの声援が大きければ、今後ワンマンライブの開催も期待できます!」

日南「素敵な衣装を作って頂いたので、この衣装をたった1回で終わらせてしまうのはもったいない! 今後にご期待ください!」

小澤「今日のライブはワンマンライブのための布石です。今日来られなかった方もここなつに声援をお願いします!」


──今回DJを務めるヒゲドライバーさんについても一言頂きました!

TOMOSUKE「でも、今回のライブはヒゲさん(ヒゲドライバー)の無駄遣いだよね(笑)」

小澤「チンゲンサイ(ヒゲドライバー作詞・作曲の『ロンロンへライライライ!』に登場する歌詞)一緒に歌います?」

ヒゲドライバー「僕があんな曲を書いたばっかりにすみません(笑)」

小澤「ワンマンライブをやる時は、是非三人でフルを歌いましょう!」

ヒゲドライバー「もし皆さんの声が大きければ新曲もあるかもしれません。是非お願いします!」


──そして、出番ギリギリまで振り付けの確認をしていました。ここなつへの愛情・こだわりが感じられました!



インタビュー・The 4th編
──後半戦のトップバッターを務めるRyu☆さんとkors kさんに、EDPの代表としてお話を聞いてきました!


──今後のEDPについてコメントをお願いします。

Ryu☆「直近だと12月のマレーシアがございまして、その次の月からまたツアーをやりたいと思いますので、この調子でライブ展開色々やっていこうと頑張っております」

kors k「あとは新人アーティストの発掘に力を入れていきたいですね。我々beatnation Records・RHYZEは、さらに下の世代を探しています。ネクストスターをね!」


──EDPから、という観点でSOUND VOLTEXについてコメントをお願いします。

Ryu☆「ボルテは新人発掘の場としてかなり有効に働いているので、音にしろ絵にしろ、何か表現したい人にとっての登竜門で、かつ自己表現の場として非常に良いプラットフォームだと思います。EDPとしてもこれからも注目をしてまいります。これからもイベントをしっかりやって、このような場で協力できればな、と思います」

kors k「フレッシュだな、というのがイメージとしてはあって、フレッシュなぶん勢いが凄くあるなあと。今日のライブとか見てても、beatnation summitは4つ打ちというかクラブっぽい感じがメインだったんですけど、今回はギターの人が入ったりしててバンドサウンドも入ったりで、結構面白いなーといった感じだったので、ボルテはボルテでオリジナルの進化を遂げていって欲しいですね」


──クレープの屋台について一言いただいてもよろしいでしょうか。

kors k「さっき並んで買ってきました(笑)。でもありがたいですよね。まさか自分もこんな風になるとは思っていなかったので」

Ryu☆「初!ですよね」

kors k「かなり美味しかったです。嬉し恥ずかしみたいな(笑)」


──出演者に向けてコメントをお願いします。

kors k「まだ道は始まったばっかりなので。一歩一歩確実に着実に進んでいって欲しいです。みんなの成長をすごく楽しみにしています」

Ryu☆「出演できた方はこれをステップアップに。いい経験になったと思うので、さらに大きなところを目指せるように経験値を貯めて頂ければと思います。出られなかった方は、ここを目指して精進して頂ければ、目に留まるとアサインすることもありますので、頑張っていただければと思います」


──ファンに向けてコメントをお願いします。

kors k「ライブはめっちゃ楽しいし、みんな同じ共通のキーワードで今日何千人も集まっています。まだ来たことが無い人も、何回も来ている人も、ゲームだけではなく音楽として、音楽の方面から見た音ゲーっていうのも続けて楽しんで行って頂けたらな、と思います」

Ryu☆「今回も集まって頂きありがとうございます。ライブは生ものなので、是非現地の方に来て頂きたいです。味方だらけだと思いますので。ボルテ大好きな人たちがこんなに何千人も集まって頂いているので、次回がありましたら、是非お越しください」


──ありがとうございました!



インタビュー・トップランカー編
──これからエキシビションマッチに臨む1008.BOT(ボル)さん、XD2.BOT(えつや)さん、YU11.BOT(ゆういち)さんに一言ずつ意気込みを聞いてみました!

YU11.BOT(ゆういち)「ここ最近二人には負け続けているので、今回は絶対に勝つというつもりで頑張ります!」


1008.BOT(ボル)「いつも通りの実力が発揮できれば二人には勝てると思うので、緊張に負けずに頑張ります!」


XD2.BOT(えつや)「二人とは敵同士である前に仲間でもあるので、三人で最高のプレーをお届けできるように頑張ります!」


──ありがとうございました! お三方のプレー、期待しております!






──それでは引き続き会場の様子をお伝えします!前半戦のラストを飾るのは、ここなつのお二人!

東雲夏陽役・日南結里さんと、東雲心菜役・小澤亜李さんによる歌とダンスの披露です!
MC中には東雲夏陽と東雲心菜による掛け合いも!

心菜「そんななっちゃんも……スキ……」

夏陽「こ、ここなぁ〜〜!」



ライブレポート エキシビションマッチ
──ここで、トップランカーによるエキシビションマッチ開催です!

●ルール
今回はトップランカーの1008.BOT(ボル)さん、XD2.BOT(えつや)さん、YU11.BOT(ゆういち)さんをチームリーダーとして、トップランカー・今回参加しているアーティスト・VIP席の観客よる三人のチームを編成します。今回チームメンバーに選ばれた観客には、順位に応じて豪華参加賞のプレゼントも!
プレーを行って順位に応じたポイントを獲得し、最終的に三人の合計ポイントの大きかったチームの勝利となります。

観客の方は誰が勝つかを予想し、eAMUSEMENTアプリで投票する企画も! 当たった人には抽選で豪華景品をプレゼント!

参加メンバーはアーティストからランダムに選ばれます。勿論、アーティスト達はそのことを知りません!
抽選の結果、XD2.BOT(えつや)さんチームはかぼちゃさん、1008.BOT(ボル)さんチームはかめりあさん、YU11.BOT(ゆういち)さんチームはC-Showさんが選ばれました!

かぼちゃ「あのあの聞いてないんですけど!? 僕楽屋で寝てたんですけど!?」
かめりあ「もっと他にいい人いるでしょ!? 俺とC-ShowさんまだDJ終わってないからね!?」

さらに、VIP席の観客から、アーティストが無作為に舞台に上がるプレイヤーを選びます!
「やりたい人!」の声で、多くの観客が手を上げました!
「ディスコンPUCしてる人だけ手上げて!!(※Dyscontrolled Galaxyの略。2017年11月11日現在、PUCしている人はトップランカーの1008.BOT(ボル)さんのみ)」なんて冗談も。

アーティストがプレーするのは「Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-」。なんとプレー中に、C-Showさん、かめりあさんによってかぼちゃさんへの妨害が……! 結局妨害をしている間、C-Showさんもかめりあさんも筐体の前から離れることになってしまったので、かぼちゃさんが一位になったのでした。

なんと、VIP席の観客がプレーするのは今回のための新曲!「KAC 2013 ULTIMATE MEDLEY -HISTORIA SOUND VOLTEX- Empress Side / FLOOR LEGENDS -KAC 2013-【EXH 19・MXM 19】」。前段にあたる「KAC 2013 ULTIMATE MEDLEY -HISTORIA SOUND VOLTEX- Emperor Side / FLOOR LEGENDS -KAC 2013-」から一年半経ち、満を持しての登場です!

ラストのトップランカーによるプレーでは、配点が5000兆ポイントに! つまり、トップランカーが勝利したチームが勝利となります。
ここでなんと重大発表! ここで勝ったプレイヤーは、The 7th KACへのシード権をプレゼント。トップランカーたちに緊張が走ります!

トップランカーがプレーするのもやはり新曲!「TWO-TORIAL / BEMANI Sound Team(PHQUASE vs. DJ TOTTO)【MXM 19】」。会場が静まりかえり、緊張感が高まります。プレー中の順位は目まぐるしく変動しており、観客も固唾を呑んで見守っていました。そして激戦を制したのは……

XD2.BOT(えつや)さんでした! おめでとうございます!
XD2.BOT(えつや)「Sでちゃった!」

今回舞台に上がっていただいた方に、チームの順位に応じた景品が送られます!
一位〜三位のチームの方にはポスターが、一位〜二位のチームの方には限定e-AMUSEMENT PASSが、一位のチームの方には書き下ろし色紙が贈られました!

さらに、MAD CHILDさんからΩ Dimensionの第二弾配信の告知!
2017年12月現在すでに「TWO-TORIAL」が遊べるようになっていますので、是非チェックしてみてください!

ライブ終了後には、eAMUSEMENTアプリからえつやさんチームに投票したプレイヤーの中から抽選で選ばれた五名の方に、FLOORアーティスト書き下ろしの色紙が贈られました!



勝利インタビュー
──見事エキシビションマッチを制し、The 7th KACへのシード権を手に入れたえつやさんにお話を聞いてきました!

──優勝しての感想をお願いします!

えつや「勝ち負けに拘っていたわけではないんですけど、二人と一緒にプレーできて、嬉しさ……というよりも、僕はSOUND VOLTEXが大好きなんだなって気持ちが強く出ました。ありがとうございます」


──それでは、KACに懸ける意気込みをお願いします!

えつやさん「せっかく頂いたシード権なので、無駄にならないようなプレーを皆さんにお見せしたいなと思っております。応援よろしくお願いします!」


──えつやさん、ありがとうございました! KACでの活躍も期待しております!



ライブレポート 後半戦
kradnessさん主導のもと、会場中が大ジャンプ!


I'm so Happyでは、みんなで大合唱!


VEGAでは、BGAに登場するおじさんの真似をするREDALiCEさん! 会場にも真似している人が複数見受けられました!


「Lite Show MagicのMagicはお前らだぞー!」



インタビュー・ニューフェイスボーカリスト編
──ここで一旦会場を離れ、ライブを終えたニューフェイスボーカリストの六名に、ファンに向けてのメッセージを頂いてきました!

かなたん「会場が温かくて、とても安心して歌うことができました。応援ありがとうございました!」


荒巻「今回のライブとボーカルコンテストで初めて僕のことを知った方も多いと思います。これからも元気なハイテンションボイスをお届けするので、応援よろしくお願いします!」


はるの「皆さんの温かいコールで楽しく歌うことができました。ありがとうございました!」


駄々子「ずっとSOUND VOLTEXが大好きで、イラストとかでFLOORに挑戦したりもしてたんですけどなかなか採用頂けなくて、ボーカルコンテストはこれ以上無いチャンスだと思いました。ボルテが好きな気持ちでずっと突っ走ってここまで来れて、本当に自分でも信じられないんですけど、すごくすごく楽しい貴重な経験ができました! 応援してくださったり、見守ったりしてくれた皆さん、本当にありがとうございました!」


藍月なくる「KONAMIさんのライブ出演は二回目になるんですけれども、皆さんが盛り上げてくれたおかげで楽しく歌うことができました。ありがとうございます!」


ORI姫「今日はありがとうございました。皆さんが盛り上がってくれたおかげで楽しむことができました!」


──皆さん素敵な歌声をありがとうございました! 今後の活躍も期待しております!






──それでは引き続き会場の様子をお伝えします!

ボス曲・For UltraPlayersで会場の盛り上がりは最高潮!


ボス曲・Bangin' Burst!
かめりあ「今日は皆で盛り上がっていこうぜ!」


ななひらさんがとってもキュートな歌声を披露してくれました!


トリを飾るのはこの二人! BlackYさん & Yoohさん!

ボス曲・Max Burning!!会場からは「ファイア!ファイア!」のコールが!
BlackY「まだまだ聞こえねえぞー!?」
会場からはより一層大きなコールが起こりました!

siromaruさんも加わり、「BLACK or WHITE?」!


アンコールに応えて、「HE4VEN 〜天国へようこそ〜」「Lachryma《Re:Queen'M》」「Everlasting Message」のボス曲揃い踏み! 全員集合です!

MAD CHILD「皆アレ聞きたいよねー!?」
ラストを飾る曲は「KHAMEN BREAK」でした!
「スーフィーンクスー!!」

大盛況のうちに「EDP×SOUND VOLTEX FLOOR ANTHEM 2017 私立ボルテ学園 アルティメットガクエンサイ!」は終了しました!
ご来場頂いた方、誠にありがとうございました!




ライブ詳細やセットリストはこちらをチェック!

SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN
奇跡的な音色が織り成すヘヴンリーな爽快感を体感せよ
6つのボタンとアナログデバイスを駆使し、究極のエフェクトデバイスを体感する音楽ゲーム
「SOUND VOLTEX」。
そして、みんなが創った様々なコンテンツを募集する「SOUND VOLTEX FLOOR」。
音楽やイラストなど様々な作品をBEMANIコンテンツへ収録するためのコンテストを随時開催しています。遊ぶだけじゃない、みんなで創り変えていく音楽ゲーム、それが『SOUND VOLTEX』です!

SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN公式サイト

アプリコメント

BACK NUMBER

カテゴリー別

インタビュー


BEMANIっ記