eAMUSEMENT TOP
ブタパンチ
いいかよく聞けヤング共。クルマはダンプ、男は度胸、女も度胸だ。
わかるなOK!汗水たらして働くぜ!ただし安全運転でな!

<ブタパンチ>
★楽曲の遊び方★
スターファクトリーで「激走!!ヤング☆ダンプ!」を選んでね!
次のプレーから遊べるようになるよ。

★The 5th KAC★
男子部門決勝楽曲でした!熱い戦いありがとうございました!
おっと、触れたらヤケドだ!熱いハートはディーゼルなんだぜ!
果て無き道を走れ☆ヤングダンプ!
どんなテーマでも受け入れられる体勢を整えてお待ちしておりました。
ダンプカーの曲との前情報をGETし、まずはクリーンなディーセルのエンジン構造の勉強からスタートです。最新技術のすばらしさに感動。
そして次にキャラのアイデア出しです。
せっかくブタパンチさんだしダンプカーのキャラにしよう!とウキウキ進めていたら、wacさんが「男子部門の決勝曲にするんだもん!男の子キャラじゃなきゃいやだい!いやだい!」とジタバタしたので、私は「男子=車好き→車キャラで大喜び」という図式を描いていましたが男子が好きなのは車よりも男子だったのか〜
そんなこんなでダンくん誕生です!

ダンくんキャラクターのキーポイントとなるのは、アニメにもちょいちょい出てくるダンくんのおじいちゃんです。小さい頃ダンくんが「大きくなったらダンプカーになる〜!」と言ったその言葉、じーちゃん忘れてはいませんでした!子供の言い間違い以上に純粋な心の持ち主だったおじいちゃんに乾杯!
下町の工場で鍛えた最新のエンジン技術で、とうとうダンくんはダンプカー変形機能を搭載されることになったのでした〜

ダンくんは現在大型免許取得に向けてがんばっている為、アニメで走る際は基本人型になっているというわけです。
そこを踏まえた上でフィーバーWINのアニメを見ていただきたく!
おじいちゃんの運転するダンプカーとの併走シーン…そうです、筆記・実技試験を乗り越え、ヤングなダンプも卒業だぜ!そんな表情に見えてきましたね!
きましたよね!!
そう、これはダンくんの成長をみつめる下町工場の人々を描いた感動のストーリーだったんです。

通常の勝ちアニメでは歴代のブタパンチさんにまつわるキャラをお招きしようと思っていたんですが、ダンプ以上に濃すぎるキャラ達に子ダンプカーのダンくんが取り囲まれてかわいそうな図になってしまったので、車が好きそうなかわいいヤング達に来ていただいています!
ほのぼのシーンに落ち着きました、よかったよかった。

<ちっひ>
 
KACで復活のブタパンチさん。久々の登場で会場を沸かせてくれました。
ブタパンチさんも張り切ってくれていて、この曲に懸ける想いはビックリマークの多さが物語っています。

個人的にはちょっとだけ譜面がキレイ過ぎたかなーなんて感じてたりします。
あとダンね、何事も勢いで片付けそうな熱血な感じが結構気に入ってます。
おいらもダンプの曲作ったら新衣装で来てくれるかな。はたらくくるまシリーズだね。
<PON>
お久しぶりのブタパンチさん曲!楽しみにしてました!
ダンくんも突っ走ってますね〜。後ろで作業途中を見ていた時はてっきり大きい方の車にダンくん乗るのかと思ったら違いましたね…!案外かわいい。
<とっきー>
EX譜面の6個押し〜5個同時押し階段は、インパクト大ですね。
ただ、これもクリアされているようなので、そろそろ全押しも検討してもいいかもしれません。それが、クリアされたらテンキーをつかって・・・
<TAMA>
同時押しが大量に降ってくるのを見て、何これ…押せるの?人間なの?と怯えていました。
2,3個の同時押しにひーひー言っている私には一生辿りつけない領域です。
KACのダンくんが突っ走ってくる演出が好きです。よい子はまねをせず、歩道を歩こうね!
<こにゃ>
ダンくんが走ってくるときの下の注意事項がいいですよね。
熱血系の曲はテンション上がります。
<おや>
なにしろKAC男の中の男ポップン部門を決める曲とということで、
溢れんばかりの男気を注入した曲をお願いしたところ、ブタパンチさんが提示した答えはダンプでした。

ダンプ。ダンプ。ダンプカー。
力強く重みある「ダン」から「プ」と抜けていく様は力押しばかりではない真の男らしさを表していると思いませんか。思いませんね。
その魅惑的な響きだけでなくそのでかさ強靭さたくさん運べる働きものっぷりなどは男子たるもの幼少のみぎりからの憧れです。
まさにダンプこそ男の象徴と言えましょう。

そんなダンプの積載量をふんだんに表現した譜面はまさに土砂。男子諸君はどしゃどしゃ叩くがいいよ。
どうでもいいけどラングドシャとランドグシャって時々どっちが正解かわからなくなるよね。
あまり男子っぽくない話題だったね。
<wac>