eAMUSEMENT TOP
ねこまんまチーム!
ずばばばばーん!ぬこねこさんだよー!
みんな!楽しいかるたライフを送ってるかな!?
かるたといえば、小さい頃かるた持ってたけど、どちらかといったらメンコ代わりにして遊んでたかな!
それといってひっくり返ることもなかったかな!
本来の遊び方を知ったのはもーちょい歳が経ってからだったね!
えっ、なんでひとりでかるた…?別に一緒にやる人がいなかったわけじゃないよ!そんなことないよ!

じゃー今度くろねこさんと一緒にかるたやろうかな!ねこまんまチーム(計2人)で対戦だ!

…あれ!?詠む人いなくない!?
い〜感じっ☆ナタラディーン☆



(p.s. かるた収録の際、wacさんが野太い声で「も"ち"!!!」「い"か"!!!」と叫んでいるのを真顔で録音してたPONさんが忘れられません。)

<ねこまんまチーム/ぬこねこさん>


ずばばばばーん!くろねこさんだよ。
良い子のみんな、かるたやってるか、かるた。
恋歌詠んでるか、恋歌。

くろねこさんたらいつものようにぼんやりぐんにゃり次は百人一首の歌でも作ろっかなーと思ってたのよ。
そしたらいきなりKACとかいうのがはじまったのよ。
あまつさえポップン女子のクイーンも決めちゃおうということになったのよ。
クイーンと言えば、かるただろうと。かるたクイーンだろうと。
ここに全ての線はつながり競技かるたクイーンいろはが爆誕したのですよ。
和風なのになんでクイーンなんだかそもそも僕にもよくわかりませんが。
まあカルタも南蛮渡来だしね。だったらなんで男は名人なんだか僕にもよくわかりませんが。

BEMANI界で競技かるたといえばこのくろねこさんですよ。
なにしろ競技かるたにまつわる文献(つーか漫画)読み漁ってたからな。
もはやほぼかるた名人ですよ俺は。かるたやったことないけど。

序歌からはじまり時雨殿からの歴史をたどり語呂をおぼえて決まり字からのずばばばばーんですよ。
俳句とか係り結びとか最早かるた関係ないですけど。
ちなみになんで最後にナタラディーンかというと
競技かるたでは耳が良いことを”感じがいい”と言うのです。
そうなるともはや僕も君たちもナタラディーンしか浮かばないからです。
(Q-Mexさん御了承済)

競技かるたに求められるスキルはポップンに通じるものがあるので
曲と譜面もかるたっぽい手の動きを考えながら作ったよ。
この曲で高速渡り手を極めたら本当のかるたクイーンやかるた名人も目指してねこまんまチームと対戦ですよ。
あ、俺はもう海馬やばくて百首も記憶できないからね、ぬこねこさんがんばって。

<ねこまんまチーム/くろねこさん>
★楽曲の遊び方★
スターファクトリーで「恋歌疾風!かるたクイーンいろは」を選んでね!
次のプレーから遊べるようになるよ。

★The 5th KAC★
女子部門決勝楽曲でした!熱い戦いありがとうございました!
-時は平安、世はいろは- 
命みじかし☆恋する乙女の疾風怒濤☆攻めがるた〜
かわいさいっぱいで女子部門を飾りました、かるたクイーンのいろはちゃんです。みなさんこんにちは!

ずいぶん最初のほうでサウンドさんが百人一首の女の子ソングがやりたいな〜と言っていたので、あたためていました。
衣装は平安十二単のミニ浴衣的なイメージ・お雛様のブレンドです。
カラフルさはエクラルっぽいのですが、カラーリング自体はやや平安にシフト。このへんがなかなかの絶妙なバランスではないかと思っております!
ミニスカ衣装で、かるたのイメージより元気すぎたかな?と思いましたが歌も元気いっぱい!いいかんじ〜!

wacさんは恋歌について非常に熱く語っていましたが、今回のキャラテーマは恋よりかるた!
いろはちゃんのかるたにかける情熱をアニメでぜひ感じてください。
平安の恋ってテーマもなかなかステキなので悩みましたが、いろはちゃんの人生をトータルで考えたときに今はかるたに夢中な時期なのではないかという結論からかるたを主軸におきました。
猪突猛進っぽいので、かるたも恋も!と器用にできなさそうなイメージのいろはちゃんです。

<ちっひ>
 
ノリノリ感が良いですね。キャピキャピしてて楽しくなります♪
<おや>
KACポップン初めての女子部門熱かったですね〜。
いろはちゃんはミニスカ衣装で現代っ子なのかとおもいきやみやびさんとも戦っているので平安時代の子なのでしょうか…?
<とっきー>
ゴーゴー575
はいはいはいく
ズバババババーン
いいかんじ〜いいかんじ〜
歌詞が面白い曲ですよね。
<TAMA>
ゴーゴー575
はいはいはいく
って言ってたんですね!?そこの部分が全く押せなくて、しかも久々にキー音が大きめの曲なのでいつも悲惨なメロディーを奏でておりました。
いつかちゃんと正しく演奏するんだ…。
<こにゃ>
ねこまんまチーム!ですね。
この時のためにアーティスト名をつくりましょーって頑張って出した名前ですが、
初出しアーティスト名すぎて、会場全体が若干反応に困っていたのが忘れられません。
まあでもこの曲に懸ける想いはビックリマークが物語っていますよ。

大会ではアクシデントによる再戦などもあったのですが、
ファイナリストや応援してくれたみなさんのおかげでとてもよい大会にすることが出来ました。
ありがとうございました!来年も待っています。

<PON>