• LINE
  • twitter
  • Facebook
  • e-amusement TOP
e-amusement

menu

NEW SONG
二人ノ廃城幽踊宴
NEW SONG
SPUKWALZER
上ノ瀬つかさ
Sound / 上ノ瀬つかさ beatmania IIDXプレイヤーの皆様、このようにしてご挨拶するのは初めてですね。
上ノ瀬つかさと申します。
本シリーズにはruin of opalsが移植で収録されておりますので、既に私の作品をプレーされている方もいらっしゃるかと存じます。
しかしながら、このように書き下ろしで楽曲をご披露いたしますのは初めてのこととなりますし、
少々緊張もありながら、この様なご機会を活かせるような作品を書かせて頂きました。

この楽曲は、西ヨーロッパの暗く静かな森、その奥深くにひっそりとそびえ立つ、もはや誰も寄り付かなくなった古城、廃城をイメージして作られました。
かつてこの城では謀反があり、若く睦まじい王子と妃が無残に命を絶たれたという故事があったそうです。
それからというもの、真夜中になると時折、広間で踊るような足音が聞こえるということで、今でも不気味に思われています。
耳を澄ますとあなたにも彼ら、彼女らの声が聞こえるかもしれません。
…と、そんなストーリーを思い浮かべながら書かれた曲です。
踊るような三拍子のリズムから、メロディを変奏して高速のジャズへと移り変わり、最後には暗く終わっていく作品になっております。
全編を通してピアノやアコーディオン、ハープシコードなど、プレーしがいのあるパートが多く現れますので、皆様にも気に入って頂けますとこの上ありません。

それでは、沢山のプレーのほどお待ちしております。
Visual / ヒロサキ 映像作りましたヒロサキです。
「誰も寄り付かなくなったお城」がイメージがとのことで、
誰もいなくなったところってかつていた人々や出来事に思いをはせたり退廃的な独特の魅力があって
とても素敵だなあと常々思っているのですが。
そういう場所で見るかつて使われていた家具や生活用品が見るものって"なんかいいな"と。
物たちもかつての楽しい思い出や悲しい記憶に思いを馳せているのではないかとこねこねながら作らせていただきました。
不気味で何処か愛嬌のあるヴィジュアルを目指しました。
上ノ瀬さんの創造する美しい旋律と皆様のプレーを盛り上げる手助けができたらとても嬉しく思います。

©2022 Konami Amusement