• LINE
  • twitter
  • Facebook
  • e-amusement TOP
e-amusement

menu

NEW SONG
Ignis†Iræ
NEW SONG
X
BEMANI Sound Team "神"
Sound / BEMANI Sound Team "神" どーも、神です。とんでもねえあたしゃ神様だよ。

今回出順の近かった神楽さんとは一方的に神神コンビなつもりでやらせてもらいました。
ようするに、楽しくない方の神です。
楽しくない。そう、楽しくないんですよ。
プロ野球の引退試合で、野球が楽しかったことなどなかった、などと会見される選手の方がいらっしゃるじゃないですか。
多分だいたい自分もそんな感じです。なにしろプロですから。

そんな独り言をぶつぶつ言いながら、いつものようにぐんにゃりぐにゃぐにゃしていたところ
敬虔なる子羊もといL.E.D.さんより、神どうかIIDXに曲を書いてくださいとの願い事が。
厳密には願い事じゃなくて業務の依頼ですけども。来た。来ちまったんですよ。

神は激怒した。神にはIIDXがわからぬ。
いつの間にかミュージックシーンのナウを駆け抜けるガチ凄腕なトラックメーカーな方たちが集い
最新の機材を駆使し最新のテクニックと最新のセンスで最先端のクラブミュージックを披露する場と化したIIDX。
意味わからん。怖い。めっちゃコアウィ。(個人の感想です)
もはや昔取った杵柄とかでどうにかなる次元じゃない。同じ土俵とかあがりたくない。
ぶっちゃけもうあっしなんぞの出る幕じゃござんせんのですよ!わかるでしょ?!

みたいなことを、毎回毎回うだうだぐずぐず言い続けて逃げ続けて先送りし続けて、えーと気がつけば8年くらいたってたわ。
つまり年貢の納め時というやつがとうとう今回来てしまったようなんですよ。
神なのに年貢とか納めるんですね。実るほど頭を垂れる稲穂とか言うしな。
こんなことになるくらいならせめて過去を振り返るRootageあたりで書いてたら
懐かし枠だし古臭いのも狙い通りだしーとかの言い訳もつけれたろうにとか今更見苦しく思いつつ。

まあ人生のツケというやつは一番苦しい時に払うことになるってミ○トバーンも言ってたし。
前途ある学生諸君はくれぐれも気をつけて。先送りまじ危ない。

でも神、情報通だからさ。ちゃんと知ってんだ。
今回のIIDXは色んな所を旅するんでしょ。ようするにトラベルサイコーさあ行こう!みたいな。あんな感じなんでしょ?
だったら誰も知らないような地域、たとえばウンジャラゲトラビアとかの音楽でーす
などと言い張って正解を誰も知らない音楽を作れば、どうにでも誤魔化せるかもしれない…?
とかなんとか低レベルな方向性に一縷の希望を見出そうとしていたところ
それを悟られたかのように颯爽とL.E.D.さんは現れまして
「では、テーマは、温泉でお願いします」
と言うのです。

へー。
温泉。
んー。温泉かー。
サンバにしてビバビバノンノンとでも歌っとくかー。だめかー。
じゃあ…

湯の花、とか言うしイントロはFLOWERぽいイントロから入ってみよっか
古代ローマの公衆浴場をイメージして、荘厳にハープシコードとか鳴らしてみっかな
いっそあちこちの温泉地を擬人化した戦士たちをいっぱい集めてオーオー叫ばせよう
ヒーローソングなら往年のアレンジとしてティンパニとマリンバは外せないっしょ
昔からIIDXのスクラッチ音といえばシンバルかティンパニと相場は決まっていることだし

お、なんかそれっぽく構想がまとまってきたじゃないすか、とか錯覚しはじめていた頃というか
実のところ納品日がチラつきはじめて極力自然な感じでL.E.D.さんからの距離を取ろうとしていた頃
それを悟られたかのように再びL.E.D.さんは現れまして

「すみません、今更で恐縮ですが諸般の事情により温泉じゃなくて火山にしてください」
と言うのです。

へー。
火山。
んー。火山かー。

神は激怒した。怒りのあまり火を噴いた。おっさん大噴火。
噴き上げた炎は夜を照らし7日間世界を燃やし続けた。
これにより人々は火山の噴火、ひいては炎を神の怒りとして認識し
時に恐れ、時に敬い、時にその火を用いては鉄を焼き道具を作り、食物を焼き、暖めるようになっていった。
つまりこの料理の進化があってこそ後の世にIIDX BISTROVERが

とかいうのはどうでもよくて
実際は幸か不幸か締切直前にも関わらずまだティンパニを5音くらいしか鳴らしていない体たらくだったので
別に怒る筋合いなど微塵もなくむしろそのぶん締切伸ばしてもらえたことに歓喜しつつ
温泉の構想はきれいさっぱり投げ捨ててまっさら新鮮な気持ちで粛々と火山の曲を作りました。

つまりこの長文で何を一番伝えたかったかといいますと
先送りも悪いことばかりではないですよ、という教訓です。
これからも頑張って先送るゾー。
なお、最終的に人として色々ダメだったのでジャンルのところにはペケがついてます。

それではまた8年後くらいにお会いしましょう。
神でした。
Visual /BEMANI Designers "over the mountain" ただひたすらに追い込まれながら作った記憶が残っています。
画面もスケジュールも火の車!!
今はただ、無事火の山を越えることができてハッピーです!!

©2022 Konami Amusement