• LINE
  • twitter
  • Facebook
  • e-amusement TOP
e-amusement

menu

GITADORA DrumManiaチャンピオン A様

The 6th KAC チャンピオンインタビュー

GITADORA DrumManiaチャンピオンA様

  • Q.職業を教えてください。
    A. 法律系の仕事をしています。 法律系の仕事をしています。 法律系の仕事をしています。 法律系の仕事をしています。
  • Q.出身地(都道府県)を教えてください。
    A. 岡山県 岡山県 岡山県 岡山県
  • Q.現在お住まいになっている都道府県を教えてください。
    A. 岡山県 岡山県 岡山県 岡山県
  • Q.前回優勝されましたがプレーされる環境が変わったりしましたか?
    A. ただでさえ岡山県はギタドラの設置店舗が少ないのですが、残念ながらメンテナンスの行き届いた筐体が減ってしまいました…。 ただでさえ岡山県はギタドラの設置店舗が少ないのですが、残念ながらメンテナンスの行き届いた筐体が減ってしまいました…。 ただでさえ岡山県はギタドラの設置店舗が少ないのですが、残念ながらメンテナンスの行き届いた筐体が減ってしまいました…。 ただでさえ岡山県はギタドラの設置店舗が少ないのですが、残念ながらメンテナンスの行き届いた筐体が減ってしまいました…。
  • Q.前回KACに参加されたきっかけを教えてください。
    A. 過去に参加したKACで音ゲーマーとしてとても良い思い出を残すことができましたので、単純に再びあの舞台で闘いたいという思いが7割、The 5th KACのリベンジを果たしたいという思いが3割です。 過去に参加したKACで音ゲーマーとしてとても良い思い出を残すことができましたので、単純に再びあの舞台で闘いたいという思いが7割、The 5th KACのリベンジを果たしたいという思いが3割です。 過去に参加したKACで音ゲーマーとしてとても良い思い出を残すことができましたので、単純に再びあの舞台で闘いたいという思いが7割、The 5th KACのリベンジを果たしたいという思いが3割です。 過去に参加したKACで音ゲーマーとしてとても良い思い出を残すことができましたので、単純に再びあの舞台で闘いたいという思いが7割、The 5th KACのリベンジを果たしたいという思いが3割です。
  • Q.プレーをする上でのこだわり、意識していることを教えてください。
    A. 普段のプレーでは、昔に比べて楽しむことを意識するようになりました。
    技術面で意識していることは、大きく分けて2つあります。

    1.自分なりの最適手順を確立し、プレイングの安定感を向上させること
    私の腕は残念ながら2本しかありません。
    ギタドラは比較的コンボが重要視されるゲームですので、高難度曲になるほどいかに安定する手順(時には足順)で処理するかが鍵となります。
    私がドラムマニアに取り組む際に一番こだわっているのが、譜面を攻略する中で「最もコンボ(時にはパーフェクト)が安定する方法」を模索することでして、試行錯誤しているときが最も楽しい局面の一つです。
    特に現行の難度9.95〜9.98の曲についてはそれぞれに苦労した思い出がありますが、それだけにフルコンボしたときの達成感はひとしおです。
    ギタドラにおいてコンボの安定感は極めて重要で、達成率の上昇やバトルモードでの勝率アップに直結するため、他プレイヤーにアドバイスする際にも安定感の向上について語ることが多いです。

    2.いわゆる「苦手曲」を作らないこと
    音楽ゲームを極めようとする過程では誰しも必ず、どこかで壁にぶつかるものです。
    時には同レベル帯のプレイヤーと比較して達成率が芳しくない曲、コンボやパーフェクト率が安定しない曲が出てくることもありますが、これはほぼ必ずと言っていいほど自分の癖や認識の誤りが原因で起こっています。
    いくらかプレーしても手ごたえがない時、私はどのノーツの判定が悪い傾向にあるのかを特定し、自分のプレーを客観的に見つめ直し、改善案を模索し試行錯誤することを繰り返す(PDCAサイクルを回すってやつですね)ことで、効率的に結果を出すことを意識しています。
    意識高めなことを書きましたが、がむしゃらに取り組むのに比べればストレスやムダが少なく、克服する過程も楽しめる上、その中で新たな技術を習得したり、選曲の幅が広がることもありますので、自分でも音楽ゲームの上達をエンジョイできているのではないかと思っています。
    普段のプレーでは、昔に比べて楽しむことを意識するようになりました。
    技術面で意識していることは、大きく分けて2つあります。

    1.自分なりの最適手順を確立し、プレイングの安定感を向上させること
    私の腕は残念ながら2本しかありません。
    ギタドラは比較的コンボが重要視されるゲームですので、高難度曲になるほどいかに安定する手順(時には足順)で処理するかが鍵となります。
    私がドラムマニアに取り組む際に一番こだわっているのが、譜面を攻略する中で「最もコンボ(時にはパーフェクト)が安定する方法」を模索することでして、試行錯誤しているときが最も楽しい局面の一つです。
    特に現行の難度9.95〜9.98の曲についてはそれぞれに苦労した思い出がありますが、それだけにフルコンボしたときの達成感はひとしおです。
    ギタドラにおいてコンボの安定感は極めて重要で、達成率の上昇やバトルモードでの勝率アップに直結するため、他プレイヤーにアドバイスする際にも安定感の向上について語ることが多いです。

    2.いわゆる「苦手曲」を作らないこと
    音楽ゲームを極めようとする過程では誰しも必ず、どこかで壁にぶつかるものです。
    時には同レベル帯のプレイヤーと比較して達成率が芳しくない曲、コンボやパーフェクト率が安定しない曲が出てくることもありますが、これはほぼ必ずと言っていいほど自分の癖や認識の誤りが原因で起こっています。
    いくらかプレーしても手ごたえがない時、私はどのノーツの判定が悪い傾向にあるのかを特定し、自分のプレーを客観的に見つめ直し、改善案を模索し試行錯誤することを繰り返す(PDCAサイクルを回すってやつですね)ことで、効率的に結果を出すことを意識しています。
    意識高めなことを書きましたが、がむしゃらに取り組むのに比べればストレスやムダが少なく、克服する過程も楽しめる上、その中で新たな技術を習得したり、選曲の幅が広がることもありますので、自分でも音楽ゲームの上達をエンジョイできているのではないかと思っています。
    普段のプレーでは、昔に比べて楽しむことを意識するようになりました。
    技術面で意識していることは、大きく分けて2つあります。

    1.自分なりの最適手順を確立し、プレイングの安定感を向上させること
    私の腕は残念ながら2本しかありません。
    ギタドラは比較的コンボが重要視されるゲームですので、高難度曲になるほどいかに安定する手順(時には足順)で処理するかが鍵となります。
    私がドラムマニアに取り組む際に一番こだわっているのが、譜面を攻略する中で「最もコンボ(時にはパーフェクト)が安定する方法」を模索することでして、試行錯誤しているときが最も楽しい局面の一つです。
    特に現行の難度9.95〜9.98の曲についてはそれぞれに苦労した思い出がありますが、それだけにフルコンボしたときの達成感はひとしおです。
    ギタドラにおいてコンボの安定感は極めて重要で、達成率の上昇やバトルモードでの勝率アップに直結するため、他プレイヤーにアドバイスする際にも安定感の向上について語ることが多いです。

    2.いわゆる「苦手曲」を作らないこと
    音楽ゲームを極めようとする過程では誰しも必ず、どこかで壁にぶつかるものです。
    時には同レベル帯のプレイヤーと比較して達成率が芳しくない曲、コンボやパーフェクト率が安定しない曲が出てくることもありますが、これはほぼ必ずと言っていいほど自分の癖や認識の誤りが原因で起こっています。
    いくらかプレーしても手ごたえがない時、私はどのノーツの判定が悪い傾向にあるのかを特定し、自分のプレーを客観的に見つめ直し、改善案を模索し試行錯誤することを繰り返す(PDCAサイクルを回すってやつですね)ことで、効率的に結果を出すことを意識しています。
    意識高めなことを書きましたが、がむしゃらに取り組むのに比べればストレスやムダが少なく、克服する過程も楽しめる上、その中で新たな技術を習得したり、選曲の幅が広がることもありますので、自分でも音楽ゲームの上達をエンジョイできているのではないかと思っています。
    普段のプレーでは、昔に比べて楽しむことを意識するようになりました。
    技術面で意識していることは、大きく分けて2つあります。

    1.自分なりの最適手順を確立し、プレイングの安定感を向上させること
    私の腕は残念ながら2本しかありません。
    ギタドラは比較的コンボが重要視されるゲームですので、高難度曲になるほどいかに安定する手順(時には足順)で処理するかが鍵となります。
    私がドラムマニアに取り組む際に一番こだわっているのが、譜面を攻略する中で「最もコンボ(時にはパーフェクト)が安定する方法」を模索することでして、試行錯誤しているときが最も楽しい局面の一つです。
    特に現行の難度9.95〜9.98の曲についてはそれぞれに苦労した思い出がありますが、それだけにフルコンボしたときの達成感はひとしおです。
    ギタドラにおいてコンボの安定感は極めて重要で、達成率の上昇やバトルモードでの勝率アップに直結するため、他プレイヤーにアドバイスする際にも安定感の向上について語ることが多いです。

    2.いわゆる「苦手曲」を作らないこと
    音楽ゲームを極めようとする過程では誰しも必ず、どこかで壁にぶつかるものです。
    時には同レベル帯のプレイヤーと比較して達成率が芳しくない曲、コンボやパーフェクト率が安定しない曲が出てくることもありますが、これはほぼ必ずと言っていいほど自分の癖や認識の誤りが原因で起こっています。
    いくらかプレーしても手ごたえがない時、私はどのノーツの判定が悪い傾向にあるのかを特定し、自分のプレーを客観的に見つめ直し、改善案を模索し試行錯誤することを繰り返す(PDCAサイクルを回すってやつですね)ことで、効率的に結果を出すことを意識しています。
    意識高めなことを書きましたが、がむしゃらに取り組むのに比べればストレスやムダが少なく、克服する過程も楽しめる上、その中で新たな技術を習得したり、選曲の幅が広がることもありますので、自分でも音楽ゲームの上達をエンジョイできているのではないかと思っています。
  • Q.ライバル、または気になる選手はいますか?
    A. やはり過去にKACに出場されたランカーのみなさんですね。
    ギタドラ界隈には普段はあまりプレーしていないにも関わらず大会等で爆発的な記録を残すプレイヤーもいますので、全く油断なりません!(笑)
    やはり過去にKACに出場されたランカーのみなさんですね。
    ギタドラ界隈には普段はあまりプレーしていないにも関わらず大会等で爆発的な記録を残すプレイヤーもいますので、全く油断なりません!(笑)
    やはり過去にKACに出場されたランカーのみなさんですね。
    ギタドラ界隈には普段はあまりプレーしていないにも関わらず大会等で爆発的な記録を残すプレイヤーもいますので、全く油断なりません!(笑)
    やはり過去にKACに出場されたランカーのみなさんですね。
    ギタドラ界隈には普段はあまりプレーしていないにも関わらず大会等で爆発的な記録を残すプレイヤーもいますので、全く油断なりません!(笑)
  • Q.一週間で何時間ぐらいプレー(練習)しますか?
    A. ここ数ヵ月は様々なゲームに浮気しまくっておりましたので、平均1時間あるかどうかといったところです…。
    The 7th KACがあるとのことで、しばらくは最低10時間以上確保して腕前を取り戻したいと考えています。
    ここ数ヵ月は様々なゲームに浮気しまくっておりましたので、平均1時間あるかどうかといったところです…。
    The 7th KACがあるとのことで、しばらくは最低10時間以上確保して腕前を取り戻したいと考えています。
    ここ数ヵ月は様々なゲームに浮気しまくっておりましたので、平均1時間あるかどうかといったところです…。
    The 7th KACがあるとのことで、しばらくは最低10時間以上確保して腕前を取り戻したいと考えています。
    ここ数ヵ月は様々なゲームに浮気しまくっておりましたので、平均1時間あるかどうかといったところです…。
    The 7th KACがあるとのことで、しばらくは最低10時間以上確保して腕前を取り戻したいと考えています。
  • Q.ホームとしている店舗があれば教えてください。
    A. 特にこの店というのは、最近はありませんね。
    倉敷市内を中心にあちこち行っています。
    特にこの店というのは、最近はありませんね。
    倉敷市内を中心にあちこち行っています。
    特にこの店というのは、最近はありませんね。
    倉敷市内を中心にあちこち行っています。
    特にこの店というのは、最近はありませんね。
    倉敷市内を中心にあちこち行っています。
  • Q.好きな食べ物、嫌いな食べ物はありますか?
    A. 好きな食べ物はカレーです。定期的にココイチやゴーゴーカレーに行きたくなります。
    嫌いな食べ物はトマトです。加工品には食べられるものも多いのですが、生の状態のものはちょっと無理です。
    トマトはヨーロッパに伝わった当初「悪魔の実」と呼ばれ、一般的に食されるようになるまで100年以上の歳月を要したそうです。恐ろしい食べ物です。
    好きな食べ物はカレーです。定期的にココイチやゴーゴーカレーに行きたくなります。
    嫌いな食べ物はトマトです。加工品には食べられるものも多いのですが、生の状態のものはちょっと無理です。
    トマトはヨーロッパに伝わった当初「悪魔の実」と呼ばれ、一般的に食されるようになるまで100年以上の歳月を要したそうです。恐ろしい食べ物です。
    好きな食べ物はカレーです。定期的にココイチやゴーゴーカレーに行きたくなります。
    嫌いな食べ物はトマトです。加工品には食べられるものも多いのですが、生の状態のものはちょっと無理です。
    トマトはヨーロッパに伝わった当初「悪魔の実」と呼ばれ、一般的に食されるようになるまで100年以上の歳月を要したそうです。恐ろしい食べ物です。
    好きな食べ物はカレーです。定期的にココイチやゴーゴーカレーに行きたくなります。
    嫌いな食べ物はトマトです。加工品には食べられるものも多いのですが、生の状態のものはちょっと無理です。
    トマトはヨーロッパに伝わった当初「悪魔の実」と呼ばれ、一般的に食されるようになるまで100年以上の歳月を要したそうです。恐ろしい食べ物です。
  • Q.BEMANIシリーズで好きな楽曲を教えてください。
    A. 好きな曲があまりに多く無限に書いてしまいそうなので、3曲ほど。

    @ギタドラから、「DEPARTURE」です。
    やや古めのlong楽曲ではありますが、歌詞・メロディ・譜面の完成度、どの要素についても今なお決して色褪せることのない輝きを放つ至高の楽曲です。
    The4thKACのドラム側課題曲でもあり、思い出があるプレイヤーも多いのではないでしょうか。

    Abeatmania IIDXから、「冥」です。
    学生時代にたくさん練習した思い出補正が強いのですが、やはり初めて皆伝合格した時の感動は今でも忘れられません。

    BKEYBOARDMANIAから、「Pink Rose」です。
    往年の人気曲で、ノスタルジアを遊ぶときにはほぼ必ず選曲しております。

    2016年夏に開催されたBEMANI ROCK FES'16では超かっこいいロック調のPink Roseを生で聴くことができ、大変感動しました!
    是非ギタドラでも遊びたい!ギタドロックしてくれーーー!!(笑)
    好きな曲があまりに多く無限に書いてしまいそうなので、3曲ほど。

    @ギタドラから、「DEPARTURE」です。
    やや古めのlong楽曲ではありますが、歌詞・メロディ・譜面の完成度、どの要素についても今なお決して色褪せることのない輝きを放つ至高の楽曲です。
    The4thKACのドラム側課題曲でもあり、思い出があるプレイヤーも多いのではないでしょうか。

    Abeatmania IIDXから、「冥」です。
    学生時代にたくさん練習した思い出補正が強いのですが、やはり初めて皆伝合格した時の感動は今でも忘れられません。

    BKEYBOARDMANIAから、「Pink Rose」です。
    往年の人気曲で、ノスタルジアを遊ぶときにはほぼ必ず選曲しております。

    2016年夏に開催されたBEMANI ROCK FES'16では超かっこいいロック調のPink Roseを生で聴くことができ、大変感動しました!
    是非ギタドラでも遊びたい!ギタドロックしてくれーーー!!(笑)
    好きな曲があまりに多く無限に書いてしまいそうなので、3曲ほど。

    @ギタドラから、「DEPARTURE」です。
    やや古めのlong楽曲ではありますが、歌詞・メロディ・譜面の完成度、どの要素についても今なお決して色褪せることのない輝きを放つ至高の楽曲です。
    The4thKACのドラム側課題曲でもあり、思い出があるプレイヤーも多いのではないでしょうか。

    Abeatmania IIDXから、「冥」です。
    学生時代にたくさん練習した思い出補正が強いのですが、やはり初めて皆伝合格した時の感動は今でも忘れられません。

    BKEYBOARDMANIAから、「Pink Rose」です。
    往年の人気曲で、ノスタルジアを遊ぶときにはほぼ必ず選曲しております。

    2016年夏に開催されたBEMANI ROCK FES'16では超かっこいいロック調のPink Roseを生で聴くことができ、大変感動しました!
    是非ギタドラでも遊びたい!ギタドロックしてくれーーー!!(笑)
    好きな曲があまりに多く無限に書いてしまいそうなので、3曲ほど。

    @ギタドラから、「DEPARTURE」です。
    やや古めのlong楽曲ではありますが、歌詞・メロディ・譜面の完成度、どの要素についても今なお決して色褪せることのない輝きを放つ至高の楽曲です。
    The4thKACのドラム側課題曲でもあり、思い出があるプレイヤーも多いのではないでしょうか。

    Abeatmania IIDXから、「冥」です。
    学生時代にたくさん練習した思い出補正が強いのですが、やはり初めて皆伝合格した時の感動は今でも忘れられません。

    BKEYBOARDMANIAから、「Pink Rose」です。
    往年の人気曲で、ノスタルジアを遊ぶときにはほぼ必ず選曲しております。

    2016年夏に開催されたBEMANI ROCK FES'16では超かっこいいロック調のPink Roseを生で聴くことができ、大変感動しました!
    是非ギタドラでも遊びたい!ギタドロックしてくれーーー!!(笑)
  • Q.The 7th KACに参加されますか?
    A. ここのところドラムマニアをサボっていたことに加え、新作になって判定周りのシステムや演出がガラッと変更されましたので、正直なところ次の予選は危ないかな〜と思っておりました。
    そんな折、このような機会をいただけるとは全く予想しておらず、大変嬉しく思っています。
    せっかく頂いた切符を使わない手はありません!必ずや過去の自分を超え、2連覇の金字塔を打ち立ててやりたいと思います!!
    ここのところドラムマニアをサボっていたことに加え、新作になって判定周りのシステムや演出がガラッと変更されましたので、正直なところ次の予選は危ないかな〜と思っておりました。
    そんな折、このような機会をいただけるとは全く予想しておらず、大変嬉しく思っています。
    せっかく頂いた切符を使わない手はありません!必ずや過去の自分を超え、2連覇の金字塔を打ち立ててやりたいと思います!!
    ここのところドラムマニアをサボっていたことに加え、新作になって判定周りのシステムや演出がガラッと変更されましたので、正直なところ次の予選は危ないかな〜と思っておりました。
    そんな折、このような機会をいただけるとは全く予想しておらず、大変嬉しく思っています。
    せっかく頂いた切符を使わない手はありません!必ずや過去の自分を超え、2連覇の金字塔を打ち立ててやりたいと思います!!
    ここのところドラムマニアをサボっていたことに加え、新作になって判定周りのシステムや演出がガラッと変更されましたので、正直なところ次の予選は危ないかな〜と思っておりました。
    そんな折、このような機会をいただけるとは全く予想しておらず、大変嬉しく思っています。
    せっかく頂いた切符を使わない手はありません!必ずや過去の自分を超え、2連覇の金字塔を打ち立ててやりたいと思います!!
  • The 6th KAC 決勝ラウンドの様子

           

一覧に戻る

©2018 Konami Amusement