eAMUSEMENT TOP
私立BEMANI学園軽音部 OB

自分たちとしては、当たり前の流れだった。オープンなマインドで聴いてほしい。

―BEMANI学園から3年経った2016年夏、続編ということで
「Good bye, Summer〜さよならは言わない〜」がリリースされましたね。

T田「プレッシャーだったよ。完結していた過去を掘り起こすってのは
本当にへヴィなんだ。でも、正統な続編というかは、こんな未来もあったかも…という
イメージで進めたらすんなり自分の中に入ってきた。」

―96さんの方は、どうですか?曲を依頼された後の心境としては。

96「みんなもご存知の通り、俺たちは未来に生きてる。過去を振り返るなんてダサい野郎のする事だ。いつだってそう思っていたさ。
だが...(しばらく考え込む) T田の言うとおり、いざコンポーズを進めてみたら、自然とあのリフが沸いてきたんだ。
過去は時として未来も創造することが出来る、とでも言うのかな。そんなフィールを俺に与えてくれたのさ。」

―そこで、最高のメロディが上がってきたところに歌詞がついたと。

T田「メロディいただいた時点で、これは無理だって。これは手に負えないって。
家に持ち帰って1回考えたんだ。夏らしいフレーバーを掘り起こすためにね。
苦労したよ(笑)」

―PONさんは、歌を担当されていますがどういったことを念頭においてレコーディングに挑みました?

PON「オレはシンガーだ。あぁ、いつだってそうだろ?歌ってるだけで幸せなんだ。
けどどうだい?今回はアクターだって?いったいどこに目をつけてるんだ。
ヘアバンドにGジャン。なんてクレイジーな格好なんだ!しかも海なんて。T田は頭がイカれちまってるのさ!
しかし海でこの曲を歌いながらふと思った。「…こんな未来もあったかもしれない」ってね。

歌なんて小さなこと。大きな流れの一つでしか無いんだ。
そう思ったら自然とレコーディングも終わっていた。
日本で言う「SA・TO・RI(悟り)」ってやつかもしれないな」

―そうやって仕上がった素晴らしいこの曲、BEMANI学園を好きだった
ユーザーにもきっと響いたのではないでしょうか。

96「そういってくれて嬉しいよ、自分たちとしては当たり前の流れだった。
オープンなマインドで聴いてほしい。」

―最後に。今後もこういった続編はあるんでしょうか?

96&PON&T田「どうかな(笑)」

<私立BEMANI学園軽音部 OB>

★伝説のライブが高画質Blu-rayにて蘇る!!★
BEMANI ROCK FES’16 Blu-ray コナミスタイル特別Edition
2016/12/21 発売!

ミミとニャミがBRF'16開催のお祝いに爽やかなカラーで登場したよ!
みんなライブは楽しんでくれたかな?

ミミミャミのデザイナーコメントについてはこちらのページを見てみてね。

 
PVのインパクトが強くてつい忘れてしまってたけど、BRF'16のオープニング曲でしたね。ライブ自体もすっごく盛り上がってよかったです。
<TAMA>
夏が終わる・・あの夏が・・・
江ノ島にオープンカーで行くなら間違いなくコレ!って曲ですね♪
<おや>
ムービーもイラストも80'sなPONさんがかわいかったですね!
他にこれといって夏を満喫する出来事がなかった私にもいい思い出ができました♪
<ちっひ>