eAMUSEMENT TOP
BlackY
おはようございます。ポップンではお久しぶりです。BlackYです。
ついにポップンへ楽曲書き下ろしという形での参加です。
ポップンへの楽曲収録はみんつく20で採用していただいた「Southern Cross」以来だったので
またこうやってここにコメントが残せること、大変嬉しく思います。

さて、この「Trixxxter(トリックスター)」という曲なんですが、この曲はSOUND VOLTEXの「False Cross」という曲のジャケットにて
突如現れた"目隠しの黒いアイツ(通称:偽十字さん)"をイメージした曲になってます。
「Southern Cross」のノーヴァとは似て非なる黒い存在。そんな彼を自分なりに楽曲に描いてみました。
それでそんな黒いアイツが絡むなら曲もやっぱりピアノで埋め尽くしてやらないと!
というわけで今回もすごくピアノが荒ぶってます。
あとはいつものスターリーなトランス路線ではなく、ひたすら激しく速めのオサレなプログレチックに仕上げてみました。
BEMANIシリーズでは今までにこういった非4つ打ちメインな曲を作ったことがないような気がするのでまたいつもとは違う一面を見せれたかな〜と思います。

今回かなり難しそうな譜面を想定して作った曲です。
クリアするの結構大変になってくるかもですが、たくさん遊んでいただけれると嬉しいです。

おれもクリアできるかな…。

<BlackY>
★楽曲の遊び方★
ポップンスターメーカーを進めよう!
登場する条件はこちら!


みんなのお願いを受けて登場した楽曲&キャラクターだよ。
お願いありがとうございました!
彼の音楽はGravitational Radarの探知の届かぬ宇宙に輝かしく響き渡り、
旅人を迷わせる。
お前さまが気になるみなさまこんにちは、空の果てからお招きしましたベラさんです。

公募での皆さんの熱いご要望をいただきまして、早速ボルテ方面に走ってまいりました。
名前が分らなかったので「この人ください」みたいな雑な感じのお願だったにも関わらず、素敵な設定までおみやげに包んで持たせてくれました。世界ってやさしさでできているのかなと思いました。ボルテの皆様ありがとうございました!
ポップンに帰って包みを広げながらノーヴァさんのサザンクロスに匹敵する必殺技のかっこいいポーズとかセリフとかを考えていましたらサウンドの方角から"偽十字の曲が来る"とが聞こえてきたので「移植かな?」と思ったらなんと新曲!すごいぜ!

今回は「お願い募集」→「投票」からの採用と言う流れで、特に投票から採用までが作る側としては異例のスピード感でしたが、素敵な設定を頂けたのと、ジャケットで出会った頃からいつかポップンに来ないかなと勝手に妄想していたのもあったおかげで、一気に詰め込んでお届けできたので本当に良かったです。

アニメーションに関してはキャラセレクトでベラさんを選択した上で、楽曲セレクトで「Southern Cross」を選曲、キャラアニメを向かい合わせで楽しんで頂くのがアニメ担当からのおすすめコースとなっております。
さらにStage Failedしていただきまして、ノーヴァさんがすっと通り過ぎる場面、あの優しそうなイメージだったノーヴァさんが一瞥くれて通り過ぎちゃうんだね!っていうあたりが上級者向けコースです。

緊迫感あるスターメーカーの会話も必見ですよ、特に投票されたみなさま、もといお前さまたちは確認必須ですのでお忘れなく〜


<ちっひ>


SDVXからお招きしましたベラについて
もっと詳しく知りたい場合はSDVXのキャラクター紹介ページを見てみてね!
 
ベラさんかっこいいですね〜。
というか目見えてなかったんですね!アニメで自分の服に絡まりまくっててドジっ子属性もあるのか!末恐ろしいお方だ…!と思いました。
<とっきー>
ベラさんって言うらしいですよ、あの方!
曲もかっこいい曲で素敵ですよね。クリアできないんですけど。なんか行けそうな気がするんですけどゲージがすっからかんなんですよね。
そのうちかっこよくクリアしたいです。
<こにゃ>
ついにBlackYくんも書き下ろしですね。
みんつく20で「Southern Cross」が採用されてからはや4年。
今やSOUND VOLTEXではFLOORを代表するアーティストの1人として
大活躍していることは皆さんも御存知かと思います。
まあ最初にBlackYくんを採用したのはポップンなんだけどな!(強調)

あの時のBlackYくんの曲からは、若さがほとばしっていてそれはそれで良かったんですけど
時を経て、作曲面・アレンジ面・音づくりとあらゆる面で進化が感じられる楽曲を作って帰ってきてくれました。修羅場くぐってきた感はんぱねえ。
放流した鮭が帰ってきてくれた気分ってこんな感じかな。多分違うな。

あの時自分は「BlackYくんの曲を聴いて遊んで育った子たちがポップンの曲を作る日がくるかな」
みたいなことコメントしてましたけど
マジで、BlackYくんの曲を聴いて音楽ゲーム用の曲を作るようになって応募してくれて採用されて、という物語が今回実現してますし。
ポップンに限った話じゃないけど、公募で採用されて曲が入るってことは1回限りの夢とかじゃなくて、
こうして繋がって続いていくんだなあと感慨深く思うのでした。
<wac>