e-amusement TOP

BEMANIファンサイト

インタビュー特集 第1弾 〜ミライダガッキ from U1-ASAMi〜

JAEPO 2013にミライダガッキの出展が決定!
そこで同機種の担当を務めるU1-ASAMiさんに、BEMANI追っかけ取材担当とちおとめがインタビューを行いました♪(。・ω・。)
U1さん、よろしくお願いしますのダ!
U1:よろしくお願いダ!



― ではまず、ミライダガッキのゲーム内容について教えてください。
U1:ミライダガッキは、ワイドな内容になっています。
― わいど、ですか?σ(・ω・?)
U1:みんなでワイワイもできるし、一人でも遊べる。
― なるほど!遊び方が広いということですね。
U1:そうです。1人プレーと2人プレーではゲームがまるで違うので、ぜひ両方遊んでください!



― 筐体の見た目は?
U1:親しみやすいデザインだと思います。 音楽ゲームをあまり遊ばない人にも遊んでほしいので、 「これならできるね!」と思ってもらえるよう意識しています。



― では、JAEPOのブースはどのように展開するのでしょう?
U1:僕もまだ詳しくはわからないんですけど(笑)
― なんと!?Σ(゜д゜)
U1:でも3台並べるのは初なので楽しみです。
― といいますと?
U1:今までやってきたロケテストではいつも1台だけだったんですが、台数が多い分たくさんの人に楽しんでもらえると思います!

― ゲームのココを楽しんでほしい!という、いちおしポイントを教えてください!
U1:一人プレーと二人プレーが全然違うという話は先ほどもしたんですが、 一人プレーであれば従来のBEMANIと同じように遊んでもらえると思います。
― では、二人プレーは?
U1:カップルモードや友達同士での協力プレーモードがあります。
― カップルモード?協力プレー?
U1:譜面が流れてくるレーンの位置が中央でクロスしてお互いの手がクロスするような遊びがあったり、 カップルモードであれば二人羽織のような感じでプレーするスキンシップのような遊び方があったり。
― 物理的にもワイドですね〜。
U1:一緒にプレーすることで、普段音楽ゲームをやらない人でも「これならできるね!」と思ってもらいたくて。 またBEMANIユーザーからもそういったお友達を誘って、ゲームセンターでのお友達をたくさん増やしてほしいなと思います。



― その他にアピールポイントがあれば教えてください!
U1:このゲームはカメラを使っているので、実は流れてくる譜面の後ろでプレーヤー自身の姿が映っているんです。 その姿が画面の中でお魚になっていたりとか、燃えたぎっていたりとか。
― BEMANIキャラのマスクがついたりもするんですよね?
U1:そう!そういったことで簡単な譜面でもゲームを楽しめるよう工夫していますので、 そちらもぜひ楽しんでいただきたいです。



― 最後にユーザーさんに一言お願いします。
U1:ミライダガッキは今までのゲームとは違って「チャレンジ」だと思っています。
BEMANIに求められているものというのは、長い歴史の中でたくさんあると思うのですが、 僕としてはもっともっとたくさんの人にBEMANIを広めて楽しんでもらいたいと思い、このゲームを制作しました。
応援よろしくお願いいたします。

ということで、ミライダガッキの魅力についてたくさん語っていただきました。
U1さん、ありがとうございました!

一人でも二人でも楽しめて、音楽ゲーム初心者でもプレーしやすいゲームなのですね!
そんな新作を稼動前にプレーできるチャンスです!
お友達を誘って、JAEPO会場で是非試遊してみてくださいね!
JAEPO当日はミライダガッキ初のステージが予定されています!
U1さんがステージ上でもお話をしてくださると思いますので、そちらもお見逃しなく!



余談ですがこの取材の後、「お疲れさま!」と言ってチョコレートを差し出してくれた優しいU1さんなのでした。
そのチョコレートがイチゴ味だったのは偶然?必然?とちおとめ?
…というどうでもいい話はさておき、ぜひ会場でミライダガッキを楽しんで欲しいんダ♪

※画面は開発中のものです。